トップページ > 園長ブログ > ムラサキシキブ

ムラサキシキブ

9月中旬になり、ムラサキシキブの実がつきはじめました。
ムラサキシノブを誰が命名したか知りませんが、実の色から誰もが平安時代の女流作家『紫式部』をイメージしたと推測できます。
ちなみに、紫式部の代表作源氏物語は、光源氏を主人公とした長編恋愛小説で、超イケメン光源氏が数多くの女性と関係を持ちながら悩み苦しむストーリーです。(読んだことはありません。ググっただけです)
だとすれば、この植物は紫式部が活躍するまでは何と呼ばれていたのでしょうか?
なぞです。