トップページ > 園長ブログ > 2019年 > 12月

令和最初の大晦日

今年は年号も平成から令和に変わり、激動と災害の多い年でした。
開園2年目の当園は今年も多くの木を植えました。コケ庭のコケも順調に育っています。
ただ、アナグマや イノシシが好物のミミズ目的に土を掘り起こし、せっかく植えた芝生やコケをメチャメチャにして困っています。さすがに野生動物にはかなわないです。
芝桜エリアの下の自然散策路に植えたモミジの苗も、秋には小さいながらも真っ赤に紅葉していました。あと数年たてば来園されるお客様を楽しませてくれると思います。
それと、私たちスタッフが知らないうちに、当園のパワースポット(化石木)の話題が広まり、パワースポット目当てに来園された人がいたことには驚かせられました。

来年も来園されるお客様が、新しい発見がありますように、草花や木を植えます。
今年1年、ご支援ありがとうございました。

春夏冬

「春夏冬」は四季の秋がないことから「あきない」と読むそうです。「春夏冬中」は「商い中」と読み、おしゃれなお店のオープン中の看板として使われています。
今年はまさに秋がなかった気がします、この前まで少し動くだけで汗をかいていましたが、今月に入り気温が下がり、我が家もストーブの出番となりました。

近年、地球温暖化の影響か、異常気象が増え大規模災害が多発しております。現在の地球温暖化による気温上昇は、異常気象をもたらすばかりでなく、その上昇率が短期間で起きているため、多くの生物が環境の変化についていけず絶滅するといわれます。
温暖化の主な原因のCO2をこれ以上増やさないために、化石燃料の削減は議論されますが、海草を含めた植物の役割の議論が少ない気がします。

それにしても、夏は暑すぎで、冬は寒すぎです。
当園も寒さが和らぐまで休園いたします。