トップページ > 園長ブログ > 2019年 > 10月

今年も地域まるごと共育講座を開催しました。

本日、昨年に引き続き、かごしま環境未来館主催の地域まるごと共育講座を当園で開催しました。
今年は桜(ヤマザクラ、エドヒガン、ヨウコウ、カワズサクラ)と桂の苗木を参加者14名で植樹しました。
鹿児島市内から参加した主婦は、当園の広大さと樹木の多さに、市内でもこんな施設があるとは知らなかったと驚かれていました。

樹木医が木を植えるときに「何か」を一緒に入れると木は順調に育ちます。「何か」が分かる人はいますかと質問しました。
「水」、「良質な肥料」等ささやかれていましたが、全員分りませんでした。
答えは「愛情」だそうです。
その後、実際に植樹するときに、「愛情・愛情・愛情・・・」とつぶやいている人がいました。

しつこい、イタドリ

イタドリは山菜の仲間で、食用として活用されている地域があるみたいですが、私にとってはしつこい雑草です。
イタドリは侵略的外来種に指定されるほど、繁殖力旺盛な植物です。
当園のツツジやノカンゾウエリアで堂々と育っています。
伐根しても地下茎が少しでも残っていると、すぐに茎を伸ばしあっという間に花を咲かせます。
困ったものです。

また、イタドリはひざなどの関節の痛みに効能があるとして注目されています。
ひざ関節にお困りの方は、是非ご来園の上、イタドリを除草してお持ちかえりいただきたいものです。

「乾杯」

指宿スカイラインの川辺ICと知覧IC間の下り車線を走ると、我らが長渕剛兄貴の名曲「乾杯」のサビの部分が聞こえます。これは道路に溝がいくつも掘ってあり、タイヤが接触すると音が出る仕組みで、想像するよりはっきり大きく聞こえます。

10月1日より指宿スカイラインは通行料の改定があり、谷山IC~頴娃IC間は全区間走行しても大型車を含め100円になりました。
ちなみに、当区間は自転車も走行できますし、入口料金所が谷山ICで桂花園経由の出口料金所が谷山ICの場合も100円になります。

これから紅葉が見ごろになります。鹿児島市内から某そうめん流しに行く際は、指宿スカイラインを利用して、一瞬ですが「乾杯」を聞いてみてください。自慢になりますよ。

「生きている化石」イチョウとソテツ

10月に入り、暑さは続きますが、それでもヒガンバナは咲き、落葉樹は葉っぱが落ちています。季節は確かに秋に変わりつつあります。
当園のイチョウも葉っぱの一部が黄色に変わっています。
イチョウの横のソテツは、常緑のため1年中緑色をしていて、葉っぱはトゲトゲで、イチョウとソテツは全く違った容姿です。
このイチョウとソテツは同じ裸子植物で、陸上の植物はシダ植物→裸子植物→被子植物へと進化したらしいです。イチョウやソテツの仲間は恐竜時代から生き続けています。
イチョウとソテツの特徴は、精子をつくることにあります。
その仕組みは、雄花の花粉は、風に飛ばされ雌花に付着しその雌花の花粉室で数か月栄養をもらい精子に成長して、その後卵細胞まで泳いで受精するらしいです。
世界で初めて精子が発見されたソテツは、照国神社近くの公園にあります。へぇー。