トップページ > 園長ブログ > ヒガンバナが満開です。

ヒガンバナが満開です。

今年はヒガンバナが例年より早く咲きだし、今が満開です。
ヒガンバナは不思議というより、謎の多い植物です。
最大の謎は、中国から稲作とともに伝来された時に、種子のできない3倍体のヒガンバナだけ入ってきたという点です。
中国には2倍体のヒガンバナがあり、3倍体もあるということは、どこかに4倍体のヒガンバナが存在するか過去に存在していたはずです。
3倍体は普通の2倍体が減数分裂できないまま受精して4倍体ができて、2倍体と4倍体が交配して3倍体ができるらしいです。
私はヒガンバナがはるばる海を越えて日本に渡来した理由として、観賞用としてより食糧として持ち込まれたと考えます。3倍体の植物は、種子ができない代わりに大きくて病気に強く繁殖しやすいという利点があります。
ヒガンバナの球根は有毒ですが、毒抜きすれば食べることができ飢饉の時は食べられていました 。
そして、日本に持ち込まれたヒガンバナはその有毒性から、田畑、川の土手、お墓に小動物よけとして有益性があったことから、日本中に分球を繰り返し移植されたのでしょう。