トップページ > 園長ブログ > キミノセンリョウ

キミノセンリョウ

センリョウの実が色づいて見頃になりました。
センリョウはナンテンとともに、お正月の飾りにかかせないもので、今年いっぱいまでこの状態を保ってくれるといいのですが、鳥に実を食べられるのでしょう。
時々、鳥が落としたフンから発芽して育ったであろうナンテンを見かけますが、センリョウは見かけません。鳥はセンリョウの種まで食べているのでしょうか。
ちなみに、当園のセンリョウは、正月に飾ったあとの実を播種して育てたものです。皆さんもチャレンジしてみてください。簡単に育ちます。
センリョウは葉っぱの形が小判に似ているから縁起物とされています。
花の少ないこの時期に、真っ赤な実をつけるセンリョウはとても貴重ですが、赤だけでなく黄色い実をつけるキミノセンリョウもあります。
「君の千両」と書くと趣がありますね。