トップページ > 園長ブログ > 山吹色の山吹

山吹色の山吹

山吹が満開になりました。
山吹はほとんど手が掛からず丈夫な植物ですが、大きくなるとひこばえが次々に出てくるのでひこばえの処理が必要になります。
八重咲の品種の八重山吹は、おしべが花びらに変化し、めしべは退化したため実はつきません。
八重山吹といえば、太田道灌の山吹伝説は有名ですが、太田道灌より蓑(みの)一つない貧しい家の娘の教養の高さを褒めるべきです。
「七重八重花は咲けども山吹の実の一つだに無きぞ悲しき」