トップページ > 園長ブログ > 御衣黄桜の花の中心が赤くなりました。

御衣黄桜の花の中心が赤くなりました。

山桜が散り、ソメイヨシノが散り、今御衣黄桜(ギョイコウザクラ)が咲いています。
御衣黄桜の花の色は葉っぱと同じ色で花を気づかないこともあります。
御衣黄桜の花は、初めは緑色ですが、色が薄くなって黄緑色になり、花の中心が赤くなり、それから散ります。
当園には、いろんな桜を植えていて、花の咲く時期も違い、その分長い間いろんな桜を見れます。
御衣黄桜の名前の由来は、花の色が昔の高貴な人の衣装の萌黄色(もえぎいろ)に近いためこの名前が付いたと言われています。